リーダーの目線で見た現場

%e3%81%a4%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%83%bc
名前:白土 雄大
インターン先:NPO法人アクションポート横浜
大学:横浜商科大学
参加年度:2018年度

充実した時間にしたかった

Q.なぜNPOインターンを選んだのですか?

A.NPOという職業に興味があり、将来の選択肢の一つにあったため実際に現場を見てみたいと思ったことがNPOインターンシップを始めたきっかけ。
短期は10日間と短く、充実した時間にするのは難しそうだと思っていたため長期を選んだ。また、長期は半年間で多くの人と関わりが持てて楽しそうだと思った。

%e3%81%a4%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%83%bc%ef%bc%93

リーダーの目線で見た現場

Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?

A.サンタプロジェクト
みらいチューブ企画の学生リーダーを任され、実行委員の方々の仕事ぶりを近くで見て学ぶこともあれば、責任をもって学生チームを牽引したことで学ぶこともあった。

%e3%81%a4%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%83%bc%ef%bc%91

周囲の人に頼ることの大切さ

Q.インターンを通して変化したことはありますか?

A.すべて一人で抱え込み自力で達成しようとする傾向がありましたが、人に頼ることは悪いことでないと気づき、職員や先輩、同期の力を借りて共に創り上げていくことも大切だと思うようになりました。

%e3%81%a4%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%83%bc%ef%bc%92