団体の活動意義を知る

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e5%8f%a4%e7%94%b0-5-unicode-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e7%ab%b6%e5%90%88
名前:古田 桜
インターン先:横浜中華街パーキング協同組合
大学:横浜商科大学
参加年度:2017年度

Q.なぜNPOインターンを選んだのですか?

A. NPOインターンシップを選んだ理由は、就労だけでなく団体の活動意義を知ることも含めてインターンに参加させて頂くことに魅力を感じたからです。それぞれが抱える課題を解決するために活動している点に興味を持ったため応募しました。短期ではなく長期を選択した理由は、長期は活動準備から振り返りまでの期間が長く回数も多いことから、他のインターンと比較して成長できるのではないかと思ったからです。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e5%8f%a4%e7%94%b0-1-unicode-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e7%ab%b6%e5%90%88

企画が進行していると実感出来た

Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?

A.最もやりがいを感じた活動は企画の作成です。なぜならば、企画を事務局に引き渡した際に企画が進行していると実感出来たからです。企画はインターン開始後から取り組んでいましたが、当初は企画や長期の就労経験が殆どなく職員さんや同じインターン生との関係も作り始めた直後だったため、意見の集約やアイディア出しに上手く貢献出来ませんでした。そこから約3か月後には事務局に引継ぎ、徐々に形になっていくのを見て企画や関連事項をまとめて良かったと感じました。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e5%8f%a4%e7%94%b0-2-unicode-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e7%ab%b6%e5%90%88

失敗は改善や成長のための欠かせない材料

Q.インターンを通して変化したことはありますか?

A.インターンを経験して得たことは、中心軸を大切にすることです。最初にインターンをする上で目的と目標を立てていたものの、重要性をあまり理解していませんでした。イベントの業務のときも企画を詰められず悩むことがありましたが、軸を起点に考えてみると迷いが少なくなり、やるべき行動も判るようになりました。変化したことは失敗の活かし方です。以前は失敗すると落ち込んで中々反省する段階に進めない場合が多かったです。しかし、インターン先の職員さんと関わり尊敬するところや真似したいことを発見し、イベントに少しでも多く役立ちたいと考えるようになり、失敗は改善や成長のための欠かせない材料だと理解出来ました。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99%e5%8f%a4%e7%94%b0-4-unicode-%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%99%e3%81%ae%e7%ab%b6%e5%90%88