責任感を持って仕事に取り組む経験

25669191215_7b7187e616_k
名前:山田ラナ
インターン先:野毛印刷社
大学:フェリス女学院大学
参加年度:2015年度

ひとつのことを決める責任感

自分がインターンを経験して、変化したことはありますか。

333333.pngインターンを通して、変化したことは大きく分けて二つあると思いました。一つが話す力がついたことです。社内でのプレゼンの機会、外部でのプレゼンの機会を通し、話すだけではなく、レジュメを用意したりなどし、相手に伝わりやすいよう心掛け、話すことが、インターンを始める以前よりもできるようになったと思います。二つ目は責任感がついたことです。今まで様々な活動をしてきましたが、今回のインターンのように2人で活動することはありませんでした。そのため、今までより仕事が多く、かつ、活動の決定権も自分たちにありました。なので、自分がした仕事への責任、一つのことを決める責任、という点でとても責任感を感じることが多かったです。そのため、客観的な思考をもとに、物事について丁寧に考えることができました。

自分の言いたいことが相手に伝わった!

インターンをしてきて一番うれしかったこと、インターンの魅力ややりがいを感じたことは何ですか

一番うれしかったことは、話す力がインターンを始める前よりついたことです。今まで人前に立って話す機会が無かったのと、苦手だったこともあり、インターンを始める前はとても不安でした。しかし、インターンを始めて、人と話す、プレゼンをする機会が多くあったため、自然に身につけることができました。特に、外部の方に企画についてプレゼンをし、賛同して頂けたときは、しっかりと自分の言いたいことが相手に伝わったと感じられ、とても自信になりました。やりがいを感じたことは、企画での制作物作成です。ものづくりは好きなのですが、今までは一人での制作が主でした。なので、多くの方と協力して一つを作り上げることは簡単ではありませんでした。しかし、その分、想像以上のものができ、とてもやりがいを感じることができました。

企画を一から立ち上げて実行できる

インターンシップの魅力を教えてください

222222222.pngこのインターンシップでは、企画を一から立ち上げて実行するということで、企画における行動力、計画性、コミュニケーション力、責任感、客観的思考を鍛えることができると思いました。枠にとらわれない活動だったため、考える企画によっても身につく力は変わりますが、したいことが自由にできるインターンであることが魅力だと思いました。

新たな可能性に気づくことができる!

インターンを始める学生へのメッセージをお願いします

インターンをやってみて、大変だと思うことが多かったです。しかし、大変だった分、自分の苦手が克服でき、また、やりがいを感じることが多く、新たな自分を見つけるきっかけになりました。貴重な大学生活を使うのであるから、インターンを始める学生の皆さんはしっかりと何がやりたいのかを絞ってインターン先を決めるべきだと思います。その方が確実に自分の力になると思うからです。また、長期で行うインターンでは、実際に会社の一員として扱われます。社会的なマナーはもちろん、働くということが身をもって感じることができるので、就職活動前に経験できるとよりためになると思います。インターンは社会に出る前に自分の苦手克服、新たな可能性に気づくことができる絶好の機会だと思います。是非インターンを始める学生の皆さんにはインターンを存分に活用し自分のためのものにしていって欲しいと思います。