何もないところから生み出す難しさと面白さ

%e9%83%bd%e3%81%8cw
名前:十川 桃子
インターン先:横浜中華街パーキング協同組合
大学:横浜市立大学
参加年度:2018年度

せっかくの機会だから

Q.なぜNPOインターンを選んだのですか?

A.昨年度、大学の先生が案内をしていた「かなちゃり市民レポーター」という神奈川県のNPO法人を取材し、Web記事を書くというボランティア活動をさせていただいた際、取材先がアクションポート横浜で、高城さんとお話しさせていただいたご縁があり、横浜中華街パーキング協同組合の半年のインターンシップがあるとご紹介いただき、せっかく機会があるならばやってみようと思ったためインターンシップを行うことを決めた。

何もないところから生み出す難しさと面白さ

Q.インターンの活動の中でも、やりがいのあった活動は何ですか?

A. 名刺の新デザイン考案から実際に作り上げるまでを自分主体で任せてくださったことに一番やりがいが感じた。何もない所から生み出す難しさと面白さを知った。何かを進めるには誰よりも熱い思いを持つべきということ、その上で周りの人の意見を取り入れるか否かを判断すること等、多くのことを学ばせていただいた。またアイデアが固まってからもその先の御見積書や校閲、発注までの段階も経験することができ、モノづくりの一連の動きを知ることができた。

%e3%81%a8%e3%81%8c%e3%82%8f%ef%bc%92

聞くことで得られる発見

Q.インターンを通して変化したことはありますか?

A.今までは自分で知識を吸収して、自分で成し遂げることが良いことだと思っていたが、インターンシップを通して、気になるところがあれば積極的に聞いたほうが新たな発見があることを知ったし、自分の思っていることは積極的に発信していった方が、周りの人が協力していただけることを知り、いろんな人ともっと関わって進めるようになった。

%e6%88%b8%e5%b7%9d%ef%bc%91